プログラミングを習得するには

独学でも学べるプログラミング

プログラミングは最初の抵抗さえなければ、独学でも身に付けられるスキルです。
謎の文字が並んでいるのを見て、拒否反応が出る人はそもそもプログラミングに向いていないかもしれません。
言語は何でも構いませんが、いろいろな言語を見て、パッと見簡単そうに見えるものから始めるのがいいでしょう。
javaあたりは簡単ですし、プログラムを組む考え方を学ぶには良い言語だと思います。
あとはとにかく書いて書いてひたすら書きましょう。
1つ書いたら、ここを変えたらどうなるか?といろいろ試していくうちに、仕組みや言語を覚えていくはずです。
本を見て文字を追っているだけでは身に付きません。
わからなくても載っている通りに文字を打って、手を動かしてみましょう。
プログラミングはまさしく習うより慣れろのスキルです。
どんどん新しい言語やアップデートが行われるので、いちいち頭で覚えていては追いつきません。
ひたすら書いて直して試してを繰り返しましょう。
独学でもいつのまにか社会でも十分通用するくらいのスキルが身についているはずです。

プログラミングを独学で学ぶことは可能か

プログラミングの学習を始める際に、独学で学ぶか学校で学ぶかという選択肢があります。
独学で学ぶ場合は、自分で何冊かの解説本などを中心にして学習を進めていくと良いでしょう。
また、わからない部分があったり、うまく動かないという状況になった場合はインターネットで調べていくことになります。
トラブルなども自分で解決していくのが好きな方にむいている学習法だといえます。
一方、学校で学ぶ場合は体系だったカリキュラムがあるので、それに沿って学習することになります。
わからない部分は講師の先生に聞いたりして解決していくことになります。
学校で学ぶ場合は、疑問点を早く解決することができるのが特徴です。
また、一人で調べている自分が作りたいプログラムを作るまでに、回り道をするケースもありますのが、学校で最適なコースを選べば、実践的なプログラムを迅速に作ることが可能です。
このようにプログラミングを学んでいくには、独学と通学がありますが、自分のスタイルに合った学習法を選ぶことでスキルの上達していくと言えます。

注目サイト

Last update:2019/8/2